公益社団法人日本獣医学会 The Japanese Society of Veterinary Science

日本獣医学会賞:Veterinary Science Awards


PAGE
TOP

日本獣医学会賞 受賞者

賞状
番号
受賞者氏名 所属 業績
2017-2018年度(受賞年度)
123 好井 健太朗 北海道大学大学院
獣医学研究院
フラビウイルスの疫学と病態発現機序に関する研究
Studies on epidemiology and pathological mechanisms of flavivirus
122 加藤 健太郎 帯広畜産大学
原虫病研究センター
トキソプラズマ症の病態発現機構と対策技術に関する研究
Studies on manifestation mechanism of toxoplasmosis and antiparasitic strategy
2016-2017年度(受賞年度)
121 佐藤 雪太 日本大学生物資源科学部
獣医学科
鳥類血液寄生原虫の感染経路の解明と野生動物医学への応用
Studies on the transmission cycle of avian haemosporida and its application for zoo and wildlife medicine
120 西川 義文 帯広畜産大学
原虫病研究センター
ネオスポラ症の病態発生機序と防御法に関する研究
Studies on mechanism of Neospora pathogenesis and control strategy against neosporosis
119 山内 啓太郎 東京大学大学院
農学生命科学研究科
獣医学専攻獣医生理学教室
哺乳類骨格筋の発達と再生に関する研究
Studies on skeletal muscle growth and regeneration in mammals
2015-2016年度
118 村田 幸久 東京大学大学院
農学生命科学研究科
炎症制御物質の発見と病態治療への応用
117 今内 覚 北海道大学大学院
獣医学研究科
牛白血病の病態発生機序および制御法に関する研究
2014-2015年度
116 伊藤 直人 岐阜大学
応用生物科学部
狂犬病ウイルスの病原性発現機序と狂犬病生ワクチン開発に関する研究
115 上地 正実 日本どうぶつ先進医療研究所 自己形成組織を用いた伴侶動物の重症心臓病根治療法の開発に関する研究
平成25年
114 迫田 義博 北海道大学大学院
獣医学研究科
ペスチウイルスの分子疫学と病原性に関する研究
113 武内 ゆかり 東京大学大学院
農学生命科学研究科
哺乳類の気質に関する行動遺伝学的研究
平成24年
112 辻 尚利 (独)農業・食品産業技術総合研究機構
動物衛生研究所
マダニの吸血・病原体伝播調節物質に関する研究
111 高橋 英機 (独)理化学研究所
脳科学総合研究センター
網羅的表現型解析システムを用いた脳機能研究モデルマウスの開発と記憶のメカニズム解明に関する研究
平成23年
110 猪島 康雄 岐阜大学
応用生物科学部
野生動物と家畜に広く伝播するパラポックスウイルス感染症の診断法の開発と病原性解析
109 堀 正敏 東京大学大学院
農学生命科学研究科
炎症に伴う消化管マクロファージを介した消化管運動機能障害の分子機構
平成22年
108 池田 正浩 宮崎大学
獣医薬理学
腎疾患の薬物治療に関する研究
107 桑村 充 大阪府立大学 神経系ミュータント動物の病因・病態に関する病理学的研究
平成21年
106 田島 誉士 北海道大学大学院
獣医学研究科
牛ウイルス性下痢ウイルス(BVDV)感染症のウイルス遺伝子の多様性と防疫対策に関する研究
105 横山 直明 帯広畜産大学
原虫病研究センター
バベシア原虫の赤内型増殖に関する分子生物学的研究
平成20年
104 大橋 和彦 北海道大学 強毒マレック病ウイルス出現の分子生物学的機構ならびに生態学的背景の解明
103 度会 雅久 帯広畜産大学 ブルセラ症の発症機序および診断法に関する研究
平成19年
102 真瀬 昌司 (独)動物衛生研究所 鳥インフルエンザウイルスの分子疫学及び病原学的研究
101 寺岡 宏樹 酪農学園大学 新規・生物環境毒性評価モデルの確立とその応用に関する研究
平成18年
100 村瀬 敏之 鳥取大学 動物に由来する食品媒介性感染症の防除法確立に関する研究
99 木村 和弘 北海道大学 栄養代謝指標としてのレプチンとその新しい作用に関する研究
平成17年
98 苅和 宏明 北海道大学 野生げっ歯類を対象としたハンタウイルス感染症の比較疫学的研究
97 丸山 総一 日本大学 猫ひっかき病の疫学に関する研究
平成16年
96 稲波 修 北海道大学 ウシ好中球の活性酸素生成機構の解析と炎症制御への応用
95 宮沢 孝幸 大阪大学 猫由来レトロウイルスの分子生物学的研究
平成15年
94 内田 和幸 宮崎大学 動物の神経系疾患に関する比較病理学的研究
93 坪田 敏男 岐阜大学 クマ類の繁殖に関する生理学的および内分泌学的研究
平成14年
92 下地 善弘 独)農業技術研究機構
動物衛生研究所
豚丹毒菌の病原因子の解明と次世代ワクチン開発
91 谷山 弘行 酪農学園大学 産業動物における遅発性感染症の発見とその病態解明
平成13年
90 九郎丸 正道 東京大学 精巣組織に関する微細形態学的およびレクチン組織化学的研究
89 村上 昇 宮崎大学 哺乳類および鳥類の生体リズムに関する研究
平成12年
88 山手 丈至 大阪府立大学 ラット腫瘍モデルの確立とその細胞生物学的特性に関する病理学的研究
87 五十嵐 郁男 帯広畜産大学 バベシア原虫のin vitro 培養 の確立と治療・診断への応用に関する研究
86 間 陽子 理化学研究所ライフサイエンス筑波研究センター ウシ白血病ウイルスによる白血病発症の感受性を規定するウシMHCクラスⅡ遺伝子の分子生物学的解析とその臨床応用
平成11年
85 尾崎 博 東京大学 海洋生物由来の生理活性物質の薬理学的研究
84 昆 泰寛 北海道大学 レニン産生細胞の発生機序とレニンの新機能に関する研究
平成10年
83 堀本 泰介 大阪府立大学 家禽ペストウイルスの病原性に関する研究
82 西村 亮平 東京大学 α2アドレナリン受容体作動性鎮静薬を用いた豚の鎮静/麻酔法に関する研究
平成9年
81 堀内 基広 帯広畜産大学 猫パルボウイルス宿主域変異亜群の分子遺伝学的研究
80 永幡 肇 酪農学園大学 ウシ白血球粘着不全症(BLAD)に関する研究
平成8年
79 北川 均 岐阜大学 犬糸状虫の病態発生および治療に関する研究
78 塩田 邦郎 東京大学 胎盤の機能とその調節機構に関する生化学的研究
平成7年
77 代田 欣二 麻布大学 家畜の腎糸球体疾患に関する病理学的研究
76 高井 伸二 北里大学 ロドコッカス・エクイの病原性プラスミドと子馬の本菌感染症に関する研究
平成6年
75 木曽 康郎 大阪府立大学 妊娠子宮の種普遍性、特に顆粒リンパ球様細胞に関する機能形態学的研究
74 辻本 元 東京大学 動物の白血病、リンパ腫の発症に関与するレトロウイルスの組み込みに関する研究
平成5年
73 中村 菊保 家畜衛生試験場 鶏大腸菌症の病理発生に関する研究
72 杉本 千尋 北海道大学 Theileria 原虫精製法の確立と原虫蛋白質の解析
71 中村 政幸 動物医薬品検査所 Salmonella Enteritidis (腸炎菌)由来36メガダルトンプラスミドの病原的意義とその遺伝子解析に関する研究
平成4年
70 福士 秀人 岐阜大学 オウム病クラミジアの免疫化学的および分子遺伝学的解析と新分類
69 佐藤 繁 宮城県農業共済組合 ルーメン菌抗原刺激による免疫系の発達に関する研究
68 百渓 英一 家畜衛生試験場 牛ヨーネ病の病理発生に関する研究
平成3年
67 村上 洋介 家畜衛生試験場 牛ロタウイルスの血清型別に関する研究
66 河岡 義裕 セント・ジュド小児研究病院 鳥類インフルエンザウイルスの病原性に関する分子生物学的研究
65 高橋 敏雄 動物医薬品検査所
(畜産局衛生課併任)
Erysipelothrix 属菌の分類に関する研究
平成2年
64 後藤 義之 家畜衛生試験場 チュウザンウイルスに起因する牛流行性異常産に関するウイルス学的研究
63 原沢 亮 宮崎大学 モリキューテスの遺伝学的解析とその応用
62 高島 郁夫 北海道大学 日本脳炎ウイルスの越冬機序に関する研究
平成元年
61 福島 博 島根県衛生研究所 ヒトのエルシニア感染症および原因菌の菌学的ならびに生態に関する研究
丸山 務 東京都立衛生研究所
金子 賢一 東京農工大学
井上 正直 岡山県環境保健センター
60 児玉 博 北海道大学 魚類の免疫特性に関する研究
59 泉対 博 家畜衛生試験場 馬伝染性貧血の貧血発生機序に関するウイルス学的研究