公益社団法人日本獣医学会 The Japanese Society of Veterinary Science

告知板 2017年10月


PAGE
TOP

目次

事務局より

お知らせ

告知板への記事掲載をご希望の方は、原稿をメール添付にて事務局宛にお送りください、e-mail:office@jsvs.or.jp


JVMSの印刷体廃止について

日本獣医学会の学術誌The Journal of Veterinary Medical Science(JVMS)は印刷体が廃止され、2017年(第79巻)第1号からPubMed Central(PMC)およびJ-STAGE上の電子配布のみになりました。これまで「告知板」として本誌に掲載していた会員への連絡事項については、本学会のホームページ、電子メールまたは郵送物を通じて周知いたします。ご理解のほど何卒よろしくお願いいたします。
なお、Eメールアドレスの登録をされていない会員で、電子メールでの通知をご希望の場合は、会員専用ページ(My page)からEメールアドレスをご登録ください。

平成29年度「森永奉仕会研究奨励金、同綜合研究奨励金」ならびに「森永奉仕会賞」の推薦について

公益財団法人 森永奉仕会から、当学会に対し下記申請者の推薦依頼がありました。推薦を希望される会員は、本会Webサイトの募集事項をご参照のうえ、ご応募ください。本会選考委員会で選考し、推薦いたします。

研究課題:
「小児の栄養・健康、公衆衛生並びにこれに関連する乳製品等の品質改善に関する調査・研究」
依頼件数:
1)森永奉仕会研究奨励金:6件
2)森永奉仕会綜合研究奨励金:1件
3)森永奉仕会賞:1件
提出期限:
2017年11月 9日(木)日本獣医学会事務局必着
申請書送付先:
〒113-0033東京都文京区本郷6-26-12 東京RSビル内
公益社団法人日本獣医学会 事務局
E-mail:office@jsvs.or.jp
※ 配達記録 もしくは 簡易書留 でお送りください。
封筒の表に 「森永奉仕会申請書類」と朱書き願います。
お問い合わせ先:
〒108-0075 東京都港区港南3-8-1港南ビル2階公益財団法人 森永奉仕会
TEL:03-5783-0861,FAX:03-3783-0867

2018年 一般財団法人旗影会研究助成 募集要項

  1. 研究助成の趣旨:
    一般財団法人旗影会は、初代理事長の故中島董一郎(キユーピー・アヲハタグループ創始者)の出捐をはじめ、各方面よりの篤志を基金として、畜産、畜産工業その他農畜産、食品工業等に関する学術研究を行う研究者および研究グループに研究助成金を交付し、我が国の学術の振興、文化の向上等に寄与することを目的とします。
  2. 研究助成の対象および金額:
    1. 一般助成
      以下の分野に関する研究
      1. 畜産(生産および加工)
      2. 農産(生産および加工)
      3. 食品工業(食品工学、食品化学、食品機能、食品衛生、調理科学など)
    2. 特別助成
      一般助成に示す分野のうち、タマゴに関する研究
      (新規活用、健康機能、衛生、調理科学、食文化に関する研究など)
    3. 助成金額および採用予定件数
      一般助成 100万円/件 40件程度
      特別助成 200万円/件 10件程度
    4. 助成の対象となる活動の実施期間:2018.4.1~2019.3.29
  3. 応募資格:
    • 国内の大学・研究機関に所属している個人またはグループ
    • 申請テーマについて、国その他の機関から助成を重複して受けていないことを原則としますが、既に他の機関等からの助成を受けている場合は申請時に申告ください。
  4. 応募方法:財団のホームページに掲載。
  5. 応募期間:2017年12月上旬~2018年1月31日(必着)
  6. 選考の方法:事務審査の後、当財団選考委員会の議を経て、理事会で決定します。
  7. 助成金交付予定:2018.6.1以降
  8. 問合先:
    一般財団法人旗影会 事務局
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-4-13
    Tel:03-3407-7111
    e-mail:kieikai@nakashima-foundation.org

2017‒2018年度分会費納入のお願い

2017-2018年度(会計年度2017年8月1日~2018年7月末日)になりましたので、会費の納入をお願いいたします。会費は定款第7条により10月末日までに、ご納入いただくこととなっております。会費請求(8月3日発行)および郵便振替用紙は、8月上旬会員の皆様に直接お送りいたしましたので、ご協力くださいますようお願い申しあげます。
未納会費がある場合には、本年度分とあわせてお振り込みください。

年会費:役員及び評議委員 13,000円,一般正会員 10,000円,学生会員 2,000円

振込先(お送りした郵便振替用紙を利用されない場合):
ゆうちょ銀行
  口座番号:00180-1-23546
  加入者名:公益社団法人日本獣医学会

会員専用ページ(My page)について

新入会手続き、会員情報(一部除く)の変更、会費のお支払状況の確認がWeb 上から出来ます。
会費の請求書とともに、ID 番号(会員番号)とパスワードをお知らせしていますので、本会ホームページ「会員My Page」からログインして会員情報をご確認ください。
会員専用ページ(会員My page)

日本獣医学会学術集会 開催機関の公募

学術集会については、総会での承認に基づいて開催機関を公募することになっております。
第163回学術集会(2020年秋)の開催を希望される機関は、申請書を下記の期日までに本学会事務局宛ご送付下さい。
なお、開催機関の決定は本学会理事会に御一任願います。決定後は速やかに本学会と開催機関とでプログラム委員会を設置し、開催に向けて準備を始めることになります。

申請書の記載事項:機関名と所在地、代表者名、応募理由、開催期間(案)、開催場所(案)、企画(案)、予算(案)

応募締切:2018年7月31日(火)


第26回 腸内フローラシンポジウム

と き:
2017年10月27日 10:00~17:30
ところ:
ヤクルトホール(東京都港区東新橋1-1-19)
テーマ:
腸内フローラの形成と疾患
― 食・栄養・くすりがどのように関わるのか?―
Development of Intestinal Microbiota and Human Diseases
―How do diet, nutrition and drugs affect them?―
主 催:
公益財団法人ヤクルト・バイオサイエンス研究財団
後 援:
文部科学省
開催方式:
入場無料、当日受付(事前申込不要)、同時通訳付
問合せ先:
公益財団法人ヤクルト・バイオサイエンス研究財団 事務局
Tel 03-3524-8997
e-mail: zaidan@yakult-bioscience.or.jp

平成29年度日本家畜臨床学会総会・第48回学術集会

と き:
2017年11月16日~17日
ところ:
福島県穴原温泉「吉川屋」 〒960-0201福島県福島市飯坂町湯野字新湯6
Tel: 024-542-2226
参加費:
正会員17,000円(学会費4,000円, 宿泊費(1泊2食)11,000円, 情報交換会費2,000円)
学生会員14,000円(学会費2,000円, 宿泊費(1泊2食)11,000円, 情報交換会費1,000円)
宿泊なしで情報交換会のみ参加の場合も同額
宿泊なしで学術集会のみ参加の場合は、正会員4,000円,学生会員2,000円
参加申込送り先:
担当理事 泉田敬義
事務局 NOSAI福島 家畜部 高橋忠雄
〒960-8031 福島市栄町6-6 NBFユニックスビル6F
Tel:024-521-2713
Fax:024-523-5660
e-mail: nosai-fukushima03@fukushima-nosainet.jp
参加申込期間:
2017年10月16日〜27日
抄 録:
学会ホームページで指定された様式で、電子メールにて下記アドレスに送付して下さい。
学術担当理事  坂口 実(北里大学獣医学部獣医臨床繁殖学)
e-mail: saka99@vmas.kitasato-u.ac.jp

◎会員でない方で参加希望の方は事前にホームページから入会手続をお願いします.
学会関連アナウンスは,日本家畜臨床学会ホームページを参照して下さい.
http://news7a1.atm.iwate-u.ac.jp/jsvc/

第23回Hindgut Club Japanシンポジウム

メインテーマ:
ユーザー目線で見たオミクス解析の実際―データの取り扱い方とその限界―
主 催:
Hindgut Club Japan
と き:
2017年12月2日 9:50~17:30(9:20受付開始)
ところ:
専修大学・神田キャンパス 1号館(東京都千代田区神田神保町3-8)
参加費(昼食・抄録付き):
一般5,000円(学生2,000円)
研究交流会:
4,000円

詳しくは,URL:http://kyoto-inp.cc/hindgut-club.htmlをご覧下さい。

参加申込・問合先:
Hindgut Club Japan事務局
〒610-0231 京都府綴喜郡宇治田原町立川古池谷7-2
(株)栄養・病理学研究所内 塚原隆充
(株)JTBコミュニケーションデザイン内
Tel:0774-99-7331,Fax:0774-99-73320
e-mail:tsukahara.hindgut-club@kyoto-inp.cc

 参加申込は11月18日(金)までに氏名,所属,住所,電話番号,FAX番号及びe-mailアドレスを明記の上,Fax又はe-mailで上記までお申し込み下さい。
 尚,ポスター発表希望の方は,同日までに要旨(A4横書き一枚)をe-mail又は郵送にて送付して下さい。

家畜衛生フォーラム2017

テーマ:
抗菌剤に頼らない新しい家畜疾病の制御法―モデルとしての難治性・慢性疾病克服のための研究―
主 催:
日本家畜衛生学会
共 催:
(一財)生物科学安全研究所
後 援:
農林水産省(予定)
と き:
2017年12月15日 13:30~17:30
ところ:
Meiji Seikaファルマ(株)本社講堂(東京都中央区京橋2-4-16)
(東京メトロ銀座線「京橋駅」下車徒歩1分、JR「東京駅」下車徒歩10分)

※第87回大会の開催について
「家畜衛生フォーラム2017」を開催する12月15日(金)の午前中に、フォーラムと同じ会場で第87回大会の開催を予定しています。

詳しくは,家畜衛生学会ホームページをご覧下さい。

第14回 日本獣医内科学アカデミー学術大会

と き:
2018年2月16日~18日
ところ:
パシフィコ横浜 横浜市西区みなとみらい1丁目1-1
主 催:
日本獣医内科学アカデミー(JCVIM)
症例検討・研究発表演題 応募方法:
大会ホームページにて受付
応募期間:
2017年11月30日(木)17:00まで
優秀な発表はJCVIM Awardとして表彰いたします
問合先:
JCVIM 第14回学術大会事務局
〒105-8335 東京都港区芝3-23-1
セレスティン芝三井ビルディング
(株)JTBコミュニケーションデザイン内
Tel: 03-5657-0773 Fax: 03-3452-8550
e-mail: jcvim@jtbcom.co.jp
詳細はホームページ(http://www.jcvim.org/index.html)や フェイスブック(https://www.facebook.com/jcvim)においても随時情報を更新していますので,是非ご覧下さい。

第30回世界牛病学会(WBC2018 Sapporo)

と き:
2018年8月28日~9月1日
ところ:
札幌コンベンションセンター
札幌市白石区東札幌6条1丁目1−1
一般講演・ポスター発表の演題募集:
英語で2500字以内,受付期間2017年12月まで(予定)
参加登録:
早期登録割引期間2017年8月〜2018年4月
詳細は学会ウェブサイトへ:
http://www.wbc2018.com
問合先:
第30回世界牛病学会2018札幌運営事務局
(株)コンベンションリンケージ内
wbc2018@c-linkage.co.jp
または
世界牛病学会理事、酪農学園大学 田島誉士
motoshi@rakuno.ac.jp